簡易VRをダンボールと100均のレンズで自作して体験

VR
4August
配布できるVR

簡易VRをダンボールと100均のレンズで自作して体験

VR
簡易VRゴーグル
VR3D動画

VRと言えば、Oculus Rift(オキュラスリフト)やHTC Vive(エイチティーシーバイブ) を利用したVRが有名ですが、これらはハイスペックなVR HMD(バーチャルリアリティ ヘッドマウントディスプレイ)で、視野角も広くコントローラーやPCで自由にバーチャルな世界を動き回ることができる本格的なVRです。

本格的なVRはVRのソフトウェアやコンテンツを動かすために3Dグラフィックスの描画を行うグラフィックボードの性能が良いハイスペックなPCなどの環境も必要です。そこで、もっと簡単にVR,3Dを楽しむ事ができるのが、「Google Cardboard」などのスマホを利用したモバイルVRのデバイスです。これらの簡易的なVRは動画を3Dで閲覧できスマホのジャイロセンサーで360度を見渡すこともできます。比較的安く環境が整うので様々な分野で普及され始めています。

ダンボールで作成する簡易的VRのための準備
VRゴーグルの作成

ダンボールで作成する簡易的VRゴーグルは、Googleの「Google Cardboard公式サイト」からの仕様書を見ながら自作しました。材料はダンボールと100均でレンズ、磁石、マジックテープなどを購入し組み立てて作成します。汗でボロボロになるのを防ぐために肌が当たる部分の補強にラミネートなども用意します。

実際に見てみよう!
VR3D動画

スマートフォンからこの3D動画「ベトナムVR動画」を開いてから確認する事ができます。

YouTubeもこの3D動画に対応しています。「Cardboard」ボタンを押せば、SideBySide(サイド・バイ・サイド方式)の3D動画になります。ダンボールのモバイルVRのデバイスにスマホを組み合わせて3Dを楽しみます。観光地の案内やPRには最適なのではないでしょうか。

VRのsidebyside
VRモード
VRゴーグルで宣伝PRしよう!
VRゴーグル購入

最近では、通販サイトでVRゴーグルが様々なバリエーションで安く売られているので自分で楽しむのであれば、労力を考えると自作するよりは通販サイトで購入する方が良いかもしれません。

スマホの設置

ダンボールの良いところは、組み立て式で比較的安価なので広報・宣伝目的で配布がしやすいところです。360°の動画をコンテンツにすれば、臨場感がある商品の企業のPRや観光地のPRができるので、宣伝PR目的としては面白いのではないでしょうか。

VRの利用方法

ドローンで撮影した360°の風景動画を観光地で配布したり、QRコードをスマートフォンで読み込むだけで、その展示物の内容を3D動画で説明してくれる動画をショールームや美術館や博物館で配布したりと、これからも用途や利用シーンが増えそうです。

* Google Cardboard,YouTubeはGoogle Inc.の商標または登録商標です。
* Oculus Rift VRはOculus VR, LLCの商標または登録商標です。
* HTC Vive PreはHTC Corporationの商標または登録商標です。

株式会社エイブリッジ

Our office is Tokyo, Osaka and Okinawa

開発案件の発注、依頼のご相談、開発費用のお見積りなどで、アプリ&システム開発会社、制作会社をお探しならお気軽にご相談、ご依頼ください。関東、関西、沖縄の事務所で広く対応しています。後日、担当者より電話もしくはメールにてご連絡いたします。

  • 東京 TEL:03-6455-6898
    〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-3-17 オーツービル2F
  • 大阪 TEL:06-6147-9272
    〒531-0072 大阪市北区豊崎3-20-10 大明ビル8階802
  • 沖縄 TEL:098-943-8908
    〒900-0004 沖縄県那覇市銘苅2-3-1 なは市民協働プラザ406号