ARデジタルサイネージ(顔認識・行動認識)

AR
18August
ARデジタルサイネージ

ARデジタルサイネージ(顔認識・行動認識)

AR
デジタルサイネージ
顔認識

ARとは、現実の世界にデジタル情報を重ねて表示させる技術ですが、表示させるためにはスマートフォンやデジタルサイネージなど、ディスプレイがあるデバイスにARアプリをインストールして表現します。

スマートフォンで動くARアプリとデジタルサイネージで動くARアプリとでは、課題や用途が大きく違います。デジタルサイネージや大型ディスプレイ、iPad ProやWindowsタブレットのような大型タブレットを設置して、エンターテーメントや広告的にARを利用する方法は話題性も良く自分の姿とデジタルコンテンツを組み合わせて人を楽しませる事ができます。

# AR+スマートフォン AR+デジタルサイネージ
AR+大型ディスプレイ
AR+プロジェクター
AR+大型タブレット
1 各ユーザーのデバイスを利用 運営者がデバイスを準備用意
2 各ユーザーにARアプリをインストールしてもらう必要があるのでPRが必要 特定(固定)のデバイスだけに運営者がARアプリをインストールする
3 動作させるデバイスの種類や数が多いのでアプリのテストに時間が必要 動作させるデバイスが特定(固定)されるので問題が少ない
4 多くの場合、アプリのストアに登録する必要がある。 多くの場合、アプリのストアに登録する必要はない。
5 画像認識、位置認識などの場合、認識する画像や位置をユーザーに教える必要がある。 顔認識や動作(行動)認識などの場合、センサーやカメラなどでその場で利用するための高度な制御や技術が必要。
その場でARを利用するデジタルサイネージ広告
ARデジタルサイネージ広告

デジタルサイネージや大型ディスプレイなどでARを利用するには、カメラやセンサー付きのデジタルサイネージや大型ディスプレイが必要になります。

顔認識・行動認識

顔認識カメラやKinect(キネクト)センサーにより、顔の向きなどを判断してARマスクで顔に動物などのコンテンツを顔にかぶせたり、手を伸ばした時に花火が上がるなどの表現ができます。また、年齢、性別、人数(混雑状況)、表情などを読み取り、その人に会ったコンテンツを表現することも可能です。

* Kinect は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

株式会社エイブリッジ

Our office is Tokyo, Osaka and Okinawa

開発案件の発注、依頼のご相談、開発費用のお見積りなどで、アプリ&システム開発会社、制作会社をお探しならお気軽にご相談、ご依頼ください。関東、関西、沖縄の事務所で広く対応しています。後日、担当者より電話もしくはメールにてご連絡いたします。

  • 東京 TEL:03-6455-6898
    〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-3-17 オーツービル2F
  • 大阪 TEL:06-6147-9272
    〒531-0072 大阪市北区豊崎3-20-10 大明ビル8階802
  • 沖縄 TEL:098-943-8908
    〒900-0004 沖縄県那覇市銘苅2-3-1 なは市民協働プラザ406号