ARとは何か?

AR
10August
ARとは何か?ARアプリとは何か?

ARとは何か?

AR
ARアプリ
拡張現実

ARとは、「Augmented Reality」の略で、ARとは何かと簡単に一言で答えるのであれば、「ARとは、私たちの目の前にある現実の世界に写真や動画、CGなどのデジタル情報を重ね合わせて表示する技術」という事になります。いわゆる、現実を拡張できる技術です。

ARの市場は確実に広がりを見せているようです。ただ、ARが完全普及し身近になるにははもう少し時間がかかるものと思います。それは、デジタル情報の呼び出し方(認識方法)の技術や方法、デジタル情報の表示の仕方(2次元、3次元)の技術や方法は、表示させるデバイス、カメラやセンサーの技術なども影響し課題もあるからです。ただし、それらの技術やハードウェアは今飛躍的に向上しています。ARアプリの開発に関してもようやくソフトウェアやアプリケーションの開発環境やSDK、ARエンジンなどが整い始め2016年、2017年、2018年あたりからがようやくスタートといった感じです。ARとAIを利用し、AIで予測した情報をARで重ね合わせて伝える事もできます。これは、どのようにデータを集めてどのように表示させるかという部分の表示させる部分いわゆるアウトプットの部分になります。

デジタル情報を表示させるには何らかのディスプレイ表示ができるデバイスが必要です。iPhoneやiPad、Androidなどのスマートフォンやタブレットなどのイメージが強いですが、サイネージやウェアラブルや普通のパソコンでもカメラがついていればそこからディスプレイに表示できます。将来的には車のフロントガラスやコンタクトレンズなどでも考えられます。将来、ARがワクワクするようなシーンや用途で再現されるかもしれません。ARとはこの現実の環境に情報を重ねる技術なので、結果的にこの私たちの環境に新しい情報を重ね新たな世界を作り出せる技術という事になります。この世の中のすべての空間がスキャンされた時に、自然に情報が重なり新たな世界が生まれるのかもしれません。

AR(拡張現実)・VR(仮想現実)・MR(複合現実)の違いと比較
AR,VR,MRの違いと比較

ARとは、Augmented Realityの略で拡張現実の事です。ARは、上記で説明した通りなります。
VRとはVirtual Realityの略で仮想現実の事です。VRのヘッドマウントディスプレイで視野を囲い込み没入感を体験できます。ARのように現実の世界にデジタル情報を重ね合わせるのではなく、見えている世界は全てが映像やCGなどのデジタル情報の世界です。上記のCG画像のように背景もすべてCGなどのデジタルコンテンツです。簡易的なVRのヘッドマウントディスプレイもあります。
MRとはMixed Realityの略で、複合現実の事です。現実世界に映像やCGなどの奥行きがあるデジタル情報のオブジェクトを重ねて表示させ、さらにそのオブジェクトを、動かしたり操作することができるようにすることです。 ARとVR,MRの違いをご覧ください。

ARアプリの例

iPhoneのARアプリやAndroidのARアプリを開発作成する場合や使う場合は、他のアプリケーションと同じようにユーザーは、ARアプリを自分のスマートフォンやタブレットにインストールする必要があります。単純にARマーカーにカメラをかざしデジタルコンテンツを表示するだけのARアプリであれば、なかなかユーザーがインストールしてくれません。現実に重ねて表示させる情報がグラフの様なグラフィカルな見やすい表示で、かつ情報に価値がある事が重要です。現実に情報を重ね合わせるという事は、利用環境を考える事が必要ですので、利用目的・利用シーンを考えて設計・開発することが必要になります。

ARの利用方法
ARの利用方法

ARの利用方法・利用例としてローケーションを利用した例があります。GPSで目的地の場所に移動したらそこの場所で通知し、観光案内の映像を流したりもできます。
その他にもJANコードやQRコードで商品情報を読み込み、倉庫や物流センターでピッキングに利用したり、動く絵本や教材、塗り絵などにも利用できます。

これらは、スマートフォンやウェアラブルグラスの様なものを利用するので、自分の持っているデバイスのカメラを利用しますが、IoTにより自分が持っているカメラを通してみるのではなく、様々なモノのカメラやセンサーを通して間接的に現実を拡張した世界を見るケースも出てくるものと思われます。

株式会社エイブリッジ

Our office is Tokyo, Osaka and Okinawa

開発案件の発注、依頼のご相談、開発費用のお見積りなどで、アプリ&システム開発会社、制作会社をお探しならお気軽にご相談、ご依頼ください。関東、関西、沖縄の事務所で広く対応しています。後日、担当者より電話もしくはメールにてご連絡いたします。

  • 東京 TEL:03-6455-6898
    〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-3-17 オーツービル2F
  • 大阪 TEL:06-6147-9272
    〒531-0072 大阪市北区豊崎3-20-10 大明ビル8階802
  • 沖縄 TEL:098-943-8908
    〒900-0004 沖縄県那覇市銘苅2-3-1 なは市民協働プラザ406号